ラブコメ主成分。

ももしろの、箸にも棒にもかからない話

- らぶこめ主成分。ブログ編 -

086.妊娠する為に気をつけていたこと

 

こんにちは。

自己の体験が誰かの何かしらの参考になればと思い、記録させてもらいます。

 

不快な思いをする方もいるかもしれませんので、自己判断で閲覧してください。

 

閲覧後の苦情等はご遠慮くださいm(__)m

 

 

 

◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦◦•◦•◦•◦•◦•◦

 

 

 

 

 

1人目の妊娠前に卵巣腫瘍を経験しました。

卵巣が腫れて、摘出寸前の状況。

でも痛みはなくて、無自覚。

たまにいるんだよね、痛みに鈍い人、とおじいちゃん先生に言われる。(笑)

生理が遅れたのでおかしいな、と産婦人科に行ったら発覚しました。

 

それから、不妊症かもしれないとの診断を受け、ホルモンバランスを整えるために薬を飲んだり、注射を打ったり。

 

不妊症と思ってなかったので本当にびっくりで、その時はやはり気が重かったです。

 

その後、「通水」という検査をすると言われました。

痛いと聞いていたので、とにかく願いました。

 

「お空にいる私の赤ちゃん、どうかママを助けて。痛いのしたくないよ」

と。

 

ただの精神論というか、気休めというか、そんなんで妊娠するかい!!と思われるかと思いますが、

私はこれで2人ともお腹に来てくれました。

 

(2人目の時は早い段階で「通水検査します」と言われ、ガクガクしながら空に願いました)

 

勝手にそう思っているだけかもしれないけど、きっと聴こえていて、来てくれたんだと今でも信じています。

 

 

それと、気をつけていたのは、とにかくお腹を暖めることでした。

 

夏でも、UNIQLOヒートテックレギンスを履いて、冬は+毛糸のパンツ。

 

それを1年続けて、妊娠が分かったあとも続けました。

 

治療だったり検査だったり、ほんの少しではあるけど、私も経験して、

妊娠って本当にすごいこと、奇跡なんだな、と改めて感じています。

 

結婚するまでは、子どもが生まれることが当たり前、兄弟がいることが当たり前だと思っていたなぁと。

 

 

今、この記事を読んでくださっている方の中にも、不妊治療を頑張られている方がいらっしゃるかもしれません。

 

いいお医者さんとの出会いがありますように。

 

 

読んでくださり、ありがとうございました。

 

 

ももしろ

 

 

f:id:momoshiro113:20180803115830j:image