ラブコメ主成分。

ももしろの、箸にも棒にもかからない話

- らぶこめ主成分。ブログ編 -

074.石垣島・竹富島・那覇旅行まとめ。その1

 

 

Twitterでちらっと流させてもらっていた2017冬沖縄旅行をこちらにまとめさせていただきます( ˊᵕˋ* )

 

 

 

暖かいところに行きたい!と

 

12月10日過ぎに決まった沖縄旅行。

 

 

今回、ツアーで組まずに、飛行機からホテルから自分で手配しました!

 

乗り継ぎの時間にちょっと余裕を持ってみたり、竹富島観光も自分で組んでみたり。

 

 

那覇空港ついた瞬間に、

 

コート要らない!!となり

 

石垣島についた時には、半袖!!!となり。

 

 

f:id:momoshiro113:20171231055714j:image

 

 

聞くところによれば、クリスマス頃は寒かったらしいですが、ついた頃くらいからまた暖かくなったそう。

 

 

日中22〜23度あるってすごくないですか。

 

12/29だよね!?

 

今日12/30だよね!?

 

と何回も確認したくなるほど。

 

 

暖かさを一番感じたのは、トイレの便座がヒヤッとしても、冷たくなくて

 

むしろちょっと冷たいくらいが気持ちいい…ということ(笑笑)

 

 

 f:id:momoshiro113:20171231060337j:image

 

お洒落なお店も多くて、そして何より美味しい!

 

 

 

石垣牛石垣の塩

 

を推してるお店がとても多く感じたんだけど、

 

石垣牛はもちろん(お肉大好き)

 

石垣の塩がとっても美味しくて!!

 

自分たちへのお土産に買って帰りました(*´艸`*)

 

 

2日目は竹富島に渡り。

 

 

離島ターミナルから漁船を大きくしたような船で10〜15分。

 

船苦手な人にも行けるいい距離。

 

 

島全体が文化財だったかな?

 

街並みを保存することが義務つけられていて、赤煉瓦もしくは茅葺き屋根で平屋建て(二階建て禁止)という決まりがあるらしい( ˙◊︎˙◞︎)◞︎

 

 

あと、なんとか線っていう集落をぐるっと一周してる道より海側には建物を建ててはいけないという決まりもあるんだって。

 

あとあと、集落の道はコンクリートではなく、年に数回砂浜の砂を持ってきて、道をならして、白い道にすることも決まりだったかな。

 

 

お陰でとっても趣あって、南国!!

 

南の島!!

 

というのを感じられました。

 

 

 f:id:momoshiro113:20171231061425j:image

 

有名な星砂も、砂浜で簡単に見つけられて、コースの中に「星砂採集」も組まれていました。

 

上の写真は、カイジ浜(皆治浜)。

 

 

コンドイビーチは立ち寄っただけだったけど、コンドイビーチから、幻の浜(引き潮の時しか現れない「浜島」だったかな?)も見えました!!

 

イッテQでウッチャンやイモトが泳いで行った島です!

 

 

言っちゃえば、イッテQで見たから、竹富島に行ってみたくなった…といっても過言ではない…(笑)

 

 

ガイドさんの話もとても興味深かったし、とても面白くて(*´艸`*)

 

 

中でも感心したのが

 

「島には340人くらいの島民がいて、その30%以上が75歳以上。

 

でも一人も寝たきりの人はいなくて、みんな自分で歩いて生活できています」

 

という話。

 

そして……。

 

 

「100歳のおばあが、80歳のおじい捕まえて、“あんたなんかまだまだ子供さー”と話してる姿をよく見かけます」

 

と言われた瞬間、噴きました。

 

 

あとあと

 

「観光中に何人島民に出会えるか数えてください。全員紹介しますんで」

 

 

と面白おかしく話してくれたのも印象的でした。

 

みんな顔見知りだからこそ、犯罪がなく、警察のいない島だそうです。

 

そして、子どもは宝なのでみんなとっても大事にしてくれるとか。

 

 

沖縄はもともと、子どもや妊婦かな?と思う人が店にいたり、近くの席に座っていたら喫煙をしない、という話は聞いていたんだけど

 

石垣島では、居酒屋でも

店内禁煙を掲げているお店ばかりで

(2泊3日でたまたま入ったお店は全てそうでした)

嫌煙家なももしろとしては、是非とも移住したいと思わせられた瞬間。

 

 

ご飯も美味しいし、冬も暖かいし、素敵でした。

 

夏の暑さを体感してみないと分からないけど、カラッとしてたりするのかな( ˙o˙ )?

 

 

ちょっと話ズレましたが

 

竹富島では水牛車観光もしました。

 

 

f:id:momoshiro113:20171231063004j:image

 

竹富島で見つけた動物シリーズ。

 

左上の猫は、星砂浜の看板の横に、まるで看板娘のように座っていた猫ちゃん。

 

人馴れしていて、逃げもせず、よく写真に撮られていました。

 

 

水牛は初見だったんですが、

とにかく大きい!!!

 

最初は、一頭で20人くらいの人間を乗せたリアカーを引くなんて、可哀想じゃないか、大変じゃないか、と心配したんだけど

 

この水牛さん、まだまだ若いんだけど、このサイズで3t.は平気で運べるくらい力が強いとのこと。

 

大人の水牛はもっと力があるらしく、ほかの水牛車が大人の水牛くんで、たしかに足取りとか全く違いました。

 

農耕用に家畜?されてたのに、最近では仕事がなくなり、廃業状態だったところから、今は観光の仕事でみんなから大切にされているとのこと。

 

そしてとっても頭がいいので、おじさんの号令で動き出したり止まったり。

 

狭い道も内輪差を覚えていて一度もぶつからない。

 

アーンド

 

シャワーがある場所を覚えていて、そこにきたら、止まれと言われてないのに止まる(笑)

 

水を浴びさせてくれるまで動かない(笑)

 

 

とってもお茶目な水牛さんでした(*´艸`*)

 

あっ、水牛って水が大好きで、体が熱くなりすぎると良くないらしいです。

 

定期的に体を冷やしてあげないとダメらしい。

 

シャワー浴びた後の水牛くんは、動きが早かった(笑)

 

 

 

その2に続く