◆ラブコメ主成分。

ももしろ日記。

小説 / 写真 / コスメ / 旅 ▼ももしろBLOG(ㅅ˙ ˘ ˙ )

実家の話

 

 

 

こんばんは乁( ˙ ω˙乁)

 

とってもどうでもいい話なので、暇つぶしをしたい方だけ読んでください( ´O` )

 

 

 

 

数年前にも書いたことがある話ですが…。

 

 

ももしろの実家は、県内では一番大きな市で、その中でも結構市街地な場所にあるんですが

 

庭が広いことと、コンクリートにしていない地面ということもあってか、

 

周りの家が降雪1cmのところ、我が家だけ降雪5cm

 

周りが5cmくらいだと、なぜか15〜20cm積もるという

 

一画だけ別世界になります乁( ˙ ω˙乁)

 

 

坂の多い場所でもあるので、我が家のみ車で出られなくなり、雪が降ると、完全に閉ざされます(笑)

 

 

また、祖父が植えた、梅、栗、柿の木が毎年100個単位で実るので、本当になんというか、のどかな庭なのですが、

 

そのおかげあってか、10年前に初めて庭にムジナ(たぬきよりも鼻の長い動物らしいです)が出ました。

 

 

母が庭で洗濯物を干していると、トボトボと庭を横切る茶色い影。

 

びっくりしたのは母の方。

 

ムジナが顔を上げ、お互い数秒見つめあったらしいのですが

 

ムジナはため息をついて、またトボトボ庭を横切っていった。らしいです(笑)

 

 

 

で、その姿が、あまりに痩せっぽちで、ところどころ毛が禿げていて、しかもため息ついてたので、

 

 

母は考えて、ぽたぽた焼を砕いて庭に投げた(当時の私の部屋の窓から)……という話を、以前語ったことがありましたが。

 

 

(そして、投げた数時間後に、ガリガリと庭からぽたぽた焼をかじる音が聴こえて来たそう)

 

 

 

それから月日は流れ……。

 

(もしかしたらこの続きも語ったかもしれない)

 

 

 

ぽたぽた焼をあげてから1〜2年は、確かまだ禿げて痩せっぽちだったムジナ。

 

同じムジナかは分からないけど、同じように禿げて痩せっぽちだったので、多分同じムジナ。

 

 

が、それから1〜2年姿を現さず、もしかして死んじゃったのかな?

 

と話をしていたら、

 

その後からまた姿を現し、

 

禿げてはいたものの、年々丸みを帯びてきて、

 

5〜6年目の頃には禿げもなくなり、ふっくらまんまる。

 

しかもその頃から、つがいで庭に顔を出すように。

 

 

あら、結婚したのねー

 

なんて思っていたら。

 

 

ここ数年。

 

 

子を引き連れて我が家の庭をガサゴソ。

 

 

しかも、昼の2時前後に、家族で庭を横切り、道路の方へと並んで歩いていくというタイムスケジュールがあり

 

私も帰省中、何度もその光景を目にしました。

 

びっくりするくらい正確に、2時頃で。

 

 

それはどうやら、我が家の敷地をちょうど出たところが終着点の模様。

 

 

母に尋ねると、道路に面した角に糞をするという、トイレの儀式!?だということが判明。

 

綺麗好きなのかなー

 

 

母は気づいた時に糞の始末もしてるそうです。

 

もはや飼い主!?状態。

 

 

もちろん、年中我が家の庭にいるわけではなく、春だったかな?

 

秋だったかな?

 

1つの季節にのみ、姿を現わすらしいですが、話を聞いていると、

 

いわゆる人間に住処を奪われちゃったってやつのかなって思うので

 

来てくれる限り、庭に来てほしいなと思っています。

 

 

今のところゴミ箱を漁るとかそんなこともしないでいてくれるので。

 

 

という、我が家は雪が降ると一画だけ別世界のように積もるんだぜって話をしようと思ったら、ムジナトークをしたくなって、結局はムジナメインになってしまったという、どうでもいい、そして前にもきっと絶対話したことあった話でした。

 

 

 

年越しはナワオキーが決定しました。

 

 

皆さん沖縄に大集go()

 

 

 

また書きます。

 

ももしろでした。