ラブコメ主成分。

ももしろの、箸にも棒にもかからない話

- らぶこめ主成分。ブログ編 -

071.目標とか想いとか

 

 

こんばんは( ˊᵕˋ* )

 

ツイッターで簡単に書いたのですが

 

ひかりくんの完結を目標に、その後少し執筆活動をお休みしようと思っています。

 

話すと長くなるので、興味ある方だけ読んでください。

 

 

ここ数年、新しい作品を思いついて20Pも書けば、更新をストップして非公開…としてしまうことが多く、せっかく読んでくださった方たちにたくさんご迷惑をおかけしてきました。

 

 

その度に、

 

やりたいこと、頑張りたいこと、作品に対する想いとか、目標とかってなんだろう?

 

と問いかけては、答えが出ないまま過ぎていき…。

 

 

一般文芸として縦書きで出版できるような作品が書きたい、

 

……のかな?と思った時もありましたが、カッコいいなー、すごいなー、と思うだけで、プロット作りを始めるわけでもなく、

 

コンテストがあっても、チャレンジすることもなく、

 

憧れるけど、目標ってわけではない。

 

 

じゃー、私は何がしたいんだ!!

 

とグルグルグルグルしてました。

 

 

作品を最後まで書く根気と熱意が無くなったのかな、と自分の甘さや弱さかなと思っていたのですが、

 

よくよく考えると去年、

 

理想の恋は〜や、高嶺のヒト。、理想のヒト。、古波くん、椥たん…と実はいくつか完結作品を作っているのに、

 

私の中ではうまく書けない、停滞期、という認識が強い。

 

 

そこに気づいた時に、やっと謎が解けたんですね乁( ˙ ω˙乁)!!

 

 

 

私、昔は湧き出るように湧き上がるように想いを作品にぶつけていて、

 

多少強引でも、ご都合主義な展開でも、湧き上がる情熱を文字に変換していくので、問題がなかったわけです。作者としては。

 

 

だけどここ数年は、湧き出すんじゃなく、絞り出していたんですよね。

 

絞って絞り出して、頭をひねって、ひねり出して。

 

 

書いてる本人が、書き出して少しすると息切れしてしまう。

 

 

作品を読んでくださってる方に、それが伝わっていたか、

 

いや、今までとそんなに変わらないよ?と思っていただけているか、分かりませんが

 

 

書いてる本人が夢中になれていない=絞り出してるから余白みたいな伸び代みたいなものがない状況に陥っていたんです。

 

 

作者がどれだけ作品に染まれて、楽しめて、夢中になれるか…が、作品の厚みや味みたいなものを出すという自論があり、持論かな?

 

今の私は、そんな中身の豊かさが皆無っぽいのです😭

 

 

なので、少しアウトプットから離れて、がっつりいろんなものや、ことを吸収して

 

また溢れ出すように、創作していけたらな、と思いました( ˊᵕˋ* )

 

 

 

このことに気づかせてくれたのは、

 

冬、如月、恋衣。

 

という作品でした。

 

 

とても気に入っている作品であるんですが、

 

読みきりくらいの短いお話。

 

 

でも

 

「吐息が雪に変わったら…」というフレーズがとてもお気に入りで、

 

しかもその吐息というのが

 

「誰かを好きという想いが、雪になって降ってくる」

 

というもの。

 

両思いだったら、だったかな?(作者のくせに曖昧)

 

 

それにプラス、

 

好きな人がいない時に作ったものは、

どんなチョコでも美味しいし、

 

友だちが失敗したというお菓子も、普通に美味しく感じる。

 

なのに、誰かを好きになって

想いが強くなると、不安になると、

 

手作りのチョコがどんどん苦く感じ始めて、自信がなくなって…

 

…というようなことも一緒に織り交ぜていて、

 

それを思い出した時に、

 

今の自分に足りないものがはっきり分かった気がしました。

 

 

創作することが好きです。

 

頭の中の世界を文字にして、創り出すことが好き。

 

 

そしてやっぱり、イキイキとしたキャラが、皆さんの頭に浮かんで、動いていて、楽しいな!と思ってもらえるものが書きたい、です。

 

 

そう思うと、文字だけで表現してるけど、マンガみたいなお話を書きたい。

 

マンガにしたい、マンガとして読みたい、と思ってもらえるような作品が書きたい。

 

 

私の目標って、書籍化ももちろん嬉しいですが、

 

やはり「コミカライズ化」っぽいのです。

 

 

少女マンガの原作って、実はものすごく狭き門らしいです。

 

原作がつくものは、基本は専門知識が必要とされるものが多く、

 

恋愛モノ、しかも少女マンガ枠での原作って難しいらしいです。

 

オトナラブ、ピンクシーンが多いものは、結構原作の需要もあるらしいですが( ˊᵕˋ* )

 

 

ちょっと話ズレましたが

 

そういうわけで、私は

 

  1. 湧き出る想いを文章にしたい!
  2. 読んでてキャラが動き出すような作品を創りたい!
  3. コミカライズしたい!と思わせるような作品を書きたい!

 

が、目標であるということを再認識しました。

 

 

その為に必要な充電期間として、色んなものに触れ、心を豊かにしてきたいと思います( ˊᵕˋ* )

 

 

 

とはいえ!

 

ひかりくんはせっかく「野いちご大賞」に応募したので、完結を目指して、

 

今の精一杯をぶつけたいと思っています。

 

締め切りがあるので、時間を決めて頑張れそうな気がします。

 

 

という、勝手な独白でした。

 

 

コミック版・オオカミ王子はまだ続きますし、

 

また新たなお知らせもできるかと思いますが

 

新作を書くということにおいて、お休みしたいと思っています。

 

 

ツイッターやブログには普通に顔を出す予定なので、気が向いたら声をかけてくださいませ。

 

 

読んでいただき、ありがとうございました😊