読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラブコメ日記。

女性向け恋愛小説を書いています(ㅅ˙ ˘ ˙ )

037.私が「王道」を書く理由

創作ろぐ

 

なんて、大それたタイトルを使ってますが、要は私、

 

読んでて苦しくなる系のキュンが苦手。ということが判明しました。

 

そのキュンから逃げてしまう。逃げたくなる。

 

そこに青春とか何だとかが絡み始めると、キラキラしてる分、余計に辛くなります😭

 

なので基本は、ラブコメがいい。

 

キュン+ニヤリ、が安心して読める!

 

キュン+きゅううう、はね、世界に入り込みすぎて、辛い。

それくらい世界に入っちゃう。漫画家、小説家の先生たち、私を殺す気かってなります😭🙌🏻

 

いや、キュン+ニヤリ、も世界に入り込むんですが、ニヤニヤニタニタなので、ニヤニヤニタニタでいられるわけです…!!!

 

なので、王道といわれる展開を好んで書くのは、その心理が働いているのかなと。

 

この構図や展開、あまり見ないな!と思っても、キュン+きゅううう、の場合、書けない。

 

……致命的ですね。

 

ここを乗り越えないと、新しい道は拓かれないのかも。

 

いうなら、タバコを吸う男性も書けません。

 

過去に出てきたのは、

今は非公開の「アイツのことばかり」という作品のヒーロー、貴一と(漢字あってるかな)

 

「好きから始めて」の景ちゃま。

(後に禁煙します)

 

あとは、オオカミ王子の谷口だけど

彼もタバコ吸う描写は一回しか出てこないんですよね。カバンの中にタバコが入ってる描写はあるけど。

 

極度の嫌煙家なので、創作にも出せないという😭

 

そこをきちんと割り切って、活かすことができたらまた成長するんでしょうが、

 

今の私は、楽しんでもらうために書いているというよりも、

一緒に楽しむ、私もその楽しみの中に入れてもらってる、という感覚が強いので、

 

王道好みの王道書きになってしまっているのだな、と改めて感じた月曜日の朝でした。

 

キュン+きゅううう、も

楽しんで書けるようになりたいな ( ˶ˆ꒳ˆ˵ )

 

きゅううう➳ ( ˙-˙=͟͟͞͞)♡

 

ももしろでした\(^o^)/